キューバは亜熱帯地域で年間を通して温暖な国

キューバとはアメリカの南にある国であり、カリブ海最大の面積があります。

気候は亜熱帯で、一年間を通じて温暖な国で、暑い夏も風がよく吹くので、過ごしやすいです。

雨期もそんなに長く降り続くことはありません。いろいろな人種の人が住んでいる国なので、人種差別のない国として有名です。

コロンブスが航海でたどりつくまで、ヨーロッパにはまったく知られていない国でした。

ただ、植民地化されて先住民はとても減ってしまい、奴隷として連れてこられた黒人や、ヨーロッパからの移民がたくさん入ってきたことで、いろいろな人種の人が住むようになったのです。

長くスペインの植民地でしたが、キューバ共和国が成立した後は、アメリカが影響を及ぼすようになりました。

ただ、キューバ革命の後は、アメリカと対立したことから、次第に社会主義国とつながりを持つようになっていったのです。

そのため、ソ連がなくなりロシアになった後は、経済危機に見舞われました。ただ、経済の自由化も一部ですが、少しずつ進んでいますし、同じ社会主義国である中国やベトナムとの関係を深めていったことで、経済的には回復傾向にあります。また、アメリカと国交復活しようとしているため、大きく変化しようとしている国でもあります。

この国は医療も教育費も、すべて無料です。これは子供から大人まで、無料で受けられることが出来るのです。

医療は、地域ごとに診療所があり、病気になったりケガをしたりすれば、すぐに診察を受けることが出来るようになっています。

教育は日本と同じように中学校までは義務教育です。その後、進学する学校についても、すべて無料です。

識字率が高い国であることも、大きな特徴です。識字率向上プロジェクトによって、とても高い数字になっているのです。

首都はハバナであり、スペイン風で建てられた建物がたくさん残っている旧市街と、新市街に分かれています。

旧市街は細い石畳の道がつづき、スペイン風の建物が数多くあります。世界遺産にも通ろくされている街です。

キューバの人々は基本的に、とても明るく陽気です。また、真面目でプライドも高い国民性です。

治安はとてもよい国であり、気楽に街を散歩することが出来ます。

カフェでは生演奏の音楽が流れ、人々の笑い声が街にあふれています。町並みはとてもノスタルジックな雰囲気で、時間がとまってしまったような感覚になるため、観光客に人気があります。

キューバとは経済的には決して恵まれた国とは言えませんが、とても陽気で明るい国です。